2017年07月11日

穂積氏と公開政策討論会の協議に入ります

 穂積氏から以下の返答が届きました。内容了解を伝えた後、穂積氏から7月13日、午後2時から1時間程度の打合せを持つことが提案されました。場所は、議会図書室となりました。市民への情報提供の打合せということで、公務中での打ち合わせですが、市民もご了解いただけると考え了解しました。議員控室での希望(公務といえない打合せのため市長室以外での希望)がありましたが、市民も自由に出入りできる部屋ということ議会図書室に決めました。結果はブログで公開します。


白井倫啓様
私の問いかけ(7月9日付)に対する7月10日付の返答メール拝見しました。
私の提出した論点と噛み合っていないところや、いくつか首をかしげるところもありましたが、それらについて今議論を続けたとしてもおそらく堂々めぐりになって立場の違いを確認するだけに終わりそうですので、ここまでとします。

これまでの応答は、公開政策討論会のあり方、またそれを追求するうえでの立脚点をそれぞれに明示した形となって、今後の良き糧になったかと思います。
さてここまでの議論の上に立って、

1.
公開政策討論会の開催要領、運営方法などについて、基本となる骨格を貴兄と私とで直接の協議をもちましょう(何人が参加するかではなく、何人の参加であろうとわれわれが望ましいと考える形を話し合うことです)。

2.それがまとまり次第、山本拓哉氏に対して共同の提案(申入れ)を正式に行いましょう。

3.並行して、山本氏が参加する場合、あくまでも拒まれる場合の両方を想定しての具体的な方針を協議しましょう。

以上の3点を提案いたします。同意いただけるのであれば、日時、場所等については私の方から貴兄に直接連絡いたします。
posted by 地産池消 at 14:55| 愛知 ☀| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする