2017年08月03日

山本たくや後援会から連絡が届きました

 8月2日に役員会の検討結果がメールされました。これで、準備会開始かと思えば、下記のメールです。そんなに難しいことをお願いしていないのですが、なかなか慎重です。山本氏本人が覚悟すれば、何の問題もないと思うのですが、いつまでも後援会次第では、もし市長になったら、どうするのでしょうか?など心配になります。

 しかし、後援会抜きには判断できないということであれば、その役員会の結論を待つしかありません。こんなことを続けていたら、市長選への期待が失望(公開政策討論会は言っただけ?)に変わってしまいます。穂積氏には、返信内容をメールしました。足りない部分は穂積氏からも補足をお願いしました。

【8月2日返信(山本たくや後援会から白井へ)】
To 白井様 ㏄穂積様
お世話になります。

準備会の件、お願いしました正式なご提案がないので、内容がわからず、本日の役員会では次のような意見がでるに留まりました。
・3名を出すについては、準備委員会の検討内容が不明のため、どのような決定権を持つ者を出したらいいのかを検討できませんでした。
・日程調整については、前述の理由で3名の選出ができないので検討できませんでした。
・本会が公選法違反とならないことの確認をお願いしていますが、その答えのないままに進めていいのかと危惧する意見がでました。

本討論会の実現のために、以上の点を早急にご回答ください。なお、本件につきましては、正式なご提案があり次第、臨時役員会を開きご回答します。よろしくお願いします。

山本たくや後援会
【8月3日返信(白井から山本たくや後援会)へ】


山本たくや後援会 殿

ご検討ありがとうございます。以下ご回答です。赤字が回答です。臨時役員会の結論がいつ出るのか返信をお願いします。

To 白井様 ㏄穂積様
お世話になります。

準備会の件、お願いしました正式なご提案がないので、内容がわからず、本日の役員会では次のような意見がでるに留まりました。
・3名を出すについては、準備委員会の検討内容が不明のため、どのような決定権を持つ者を出したらいいのかを検討できませんでした。
→公開政策討論会のあり方を純粋に検討する会です。どの様な進め方が市民への情報提供としてふさわしいか、市民の市政参加を広げるためにはどうしたらいいのかなど、市民自治のあり方を踏まえて検討することになると思います。先に形が決まっているわけでなく、3人の予定候補者だけでは、各自の思いが交錯し、結論が出ないと思いますので、それぞれが市民目線で検討して頂き、進める主体となる第三者委員会(仮称)の構成を結論してもらうものです。その結論に3人の予定候補者が従うことになります。準備委員の資格を問うものではありません。


・日程調整については、前述の理由で3名の選出ができないので検討できませんでした。
・本会が公選法違反とならないことの確認をお願いしていますが、その答えのないままに進めていいのかと危惧する意見がでました。
→メールで返信してありますが、公選法違反とならないような進め方を前提に準備委員会で検討してもらうことになります、新城市選挙管理委員会の判断では、新城市政の政策討論会であれば、問題なしということです。つまり、私に支持をお願いしますなどの発言がなければ、大丈夫との判断でした。

posted by 地産池消 at 07:59| 愛知 ☁| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする