2017年08月07日

山本たくや後援会にメールしました

8月7日、山本たくや後援会に以下のメールをしました。相変わらず回答を頂けません。

山本たくや後援会 殿

 連日、お忙しい毎日を過ごしていることと思います。ご奮闘に敬意を表します。

 度々の連絡となりますが、公開政策討論会関連のご回答をお願いたします。8月6日には、「後援会全体会」も開催されたとのことですが、後援会の方たちへの情報提供としても、公開政策討論会の件は避けて通れないのではないのでしょうか?後援会の判断だけで、公開政策討論会開催は大きく前進します。

 山本氏は、連日各地へ出かけられているようですが、市民に、次の新城市をどの様に創っていくかの視点を持って頂ける公開政策討論会は、それ以上に価値あるものと考えています。「有権者への直接の挨拶、握手」は、国会議員を見ていても通常のお仕事となっていますが、「市民自治」の視点から必要であっても要ではないと考えています。政治家に最も必要なことは、具体的な政策を市民に語り、市民とともにそのまちを創っていくことに力を集中することです。公開政策討論会を文化にできれば、市民が自分の頭で考え、自分で判断できる土壌が醸成されていくでしょう。

 市民が市政に目を閉ざしてしまったまち、少数の政治家に市政を委ねてしまったまちで、活気を取り戻したまちを知りません。市民の市政参加が安定したまちづくりの基本となります。公開政策討論会は、市民の市政参加を広げる挑戦となると考え、提案をしてきました。そのことをご理解して頂いているとは考えますが、先ず何らかの回答をお願いたします。
posted by 地産池消 at 07:41| 愛知 ☀| Comment(2) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする