2017年09月11日

公開政策討論会の準備は進んでいます

micchy1.png 

 公開政策討論会を開催すると発表してからしばらく経ちますが、開催が消えてしまったわけではありません。予定候補者3人各々から推薦された3名計9名により、開催に向けて準備が進んでいます。もうしばらくすれば詳細が明らかになると思います。

 準備会では、市民に分かりやすくそれぞれの3人の予定候補者の政策の違いを明らかにするための進めかたに、知恵を絞っているようです。

 今回は争点がないという声が聞こえていますが、争点は明確です。市内各地を回れば「合併してバカみた」という声が渦巻いています。合併して12年が経つにも関わらず、新城地区、鳳来地区、作手地区の一体感が醸成されていません。他地区だけが優遇されているのでは?という不信の声が聞こえます。

 特に周辺部の集落での若者の減少の深刻さが顕著です。「働く場所がないから仕方がない」との言葉が新城市の政策不在を示しています。人口減少が世代のバランスを大きく崩していることは明らかです。人口減少が、市内各地の維持を脅かしています。高齢者が粛々と新城市を維持するだけでは、若者に夢、誇りを失わせることにもなります。

 争点は、12年をかけても若者の職場づくりが進んでいない現状です。10年前の総合計画策定時に、穂積市長は、有効な政策がなければ想定した人口減少が続くと説明していました。まさに、その結果が出ています。当時、「新東名の開通に期待するだけでは、産業政策とは言えない」と批判しましたが、今も具体的な産業政策は、「新東名効果に期待」というレベルです。

 合併以来、自前の財源は横ばい状態、期待した合併特例債も期限切れ、老朽化が進む公共施設・インフラの維持管理費の大幅増加、学校施設の老朽化対策は順番待ち状態など、深刻な財政状況でもあります。産業政策を明確に示し、若者の雇用を増やすことで、自前の財源を増やすしか方法はないのです。農業・林業・観光を起点とした産業政策は、地場産業を育成することを目指すものです。地場産業は、周辺部を含めて市内全域に雇用を増やし、各地の世代のバランスを安定させることにもつながります。

 争点は、地場産業の育成で若者の雇用を増やすことです。若者の雇用は、安定した集落の維持を実現することにもつながります。結果人口減少は止まり、どこかで安定した人口バランスを維持できるでしょう。市内で経済循環を回すことにもつながります。あきらめないまちづくりが、次の市長に求められています。12年かけてもできなかった人に、任せるわけにはいきません。具体的な展望を示さずに「夢」を語るだけの人に任せるわけにもいきません。

 争点がないとあきらめず、新城市にある資源を活かしきることで、若者に夢を与えることができる新城市にするための市長選にしましょう。わたしのHPをご覧いただければ幸いです。市政報告会もまだ続いています。 


ホームページができました。画像クリックでご覧になれます。
header.png


市政報告会の資料です。

市政報告会PDF.pdf
posted by 地産池消 at 07:10| 愛知 ☁| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする