2017年07月30日

山本氏と直接打合せを持ちました

 7月29日に山本氏と直接会って打合せを行いました。7月29日、庭野公民館で産廃学習会(主催:子どもと環境を守るママの会)が予定され、講師を山本氏が務めるようでしたので、確実に会えると考え出かけました。
 
 その場で、以下を確認しました。
①公開政策討論会の第三者委員会設置のための準備会打合せは、穂積氏と僕側の提案する準備委員で始める。追って、山本氏側の提案する3人が決まれば、いつからでも参加は問題なし。

②ネット上の公開質問状を通しての討論会参加は、了解する。

 しかし、下記のメールが届きました。その場で了解しながら、なぜメールかとの疑問はありますが、メールでのやり取りがありました。


穂積市長様 白井市議様

お世話になります。
 本、一連のメールについて、来週水曜日の後援会役員会に諮り決定し、その夜にメールで送らさせて頂きます。当方の意思決定は、毎週水曜日の役員会で行うことになっております。

 そのために、今までのメールでのご要望を整理して頂き、今までのように文書にて正式な申入れをお願いします。メールに文書添付でも結構です。

 今まで、配達証明郵便で申入書が届きましたので、次の申入書をお待ちしていましたが、既に穂積市長と白井市議で段取りが決まっているということでしょうか。

 また、正式申し入れの中に、今回のメンバー3名を出すこと云々のことについて、今日の庭野での会議の際に伺いましたが、実施委員会との関係は、実施委員会の設立のための準備作業を行うということでよろしいでしょうか教えて下さい。

 さらに、「ネット上の質疑」についても、3候補だけか、広く市民を巻き込んで行うのかなど、詳細を教えて下さい。

以上、よろしくお願いいたします。                   山本拓哉

追記。
先回、文書でお示ししました。本行為が公選法違反にならないことの確約を頂きたい。



7月30日山本氏への返信.pdf
posted by 地産池消 at 06:48| 愛知 ☁| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください