2017年08月05日

山本たくや後援会に責任ある対応を求めます

8月5日、山本たくや後援会に下記のメールを送りました。未だ連絡はありません。

山本たくや後援会殿

 臨時役員会の結論をお待ちしていますが、いつになるのでしょうか?

 ネットでの公開討論会が始まっているかのような気がしています。山本氏のブログを見ますと、穂積氏と僕に対しての公開質問の様な主張が展開されています。遅かれ早かれ、公開政策討論会が始まりますので、こちらは歓迎します。政策討論相手ははっきりしていますので、一方的に各自のブログで書くのではなく、お互い議論をしましょう。

 山本氏から求められた討論だと考え、山本氏の指摘または主張に対しての見解及び質問をさせて頂きます。交渉窓口が山本たくや後援会となってきましたので、後援会として真摯に僕の質問にご回答をお願いします。僕の質問に対する回答日時も併せてご連絡下さい。

【山本氏の指摘】
(1)人口対策
 市内どこに行っても空き家だらけ、中心部ですら活力を失い、V字回復などは既に手遅れではないかと思われている。いや違う!手遅れなんかではない!と、山本は人口対策のV字回復ビジョンを打ち出した。他の市長選立候補予定者にも人口対策のビジョンを求め、有権者の信任を競い合いたい。

【白井からの質問】
 山本氏の主張の通り、「有権者の信任を競い合いたい」と考えています。山本氏の主張の通り、僕も手遅れではないと考えています。添付資料が一つのお答えです。新城市の現状を明らかにし、合併12年の問題を明らかにし、その解決の重点戦略を明らかにしてあります。現在市内各地で続けている市政報告会の資料です。

 V字回復の妙案は僕にはありません。しかし、次の4年は経済基盤の基礎固めと考えています。3重点戦略で財政の余裕を作り、並行して新城市の全事務事業の見直しによる無駄・無理を明らかにし、財源を生み出すとともに、職員の適正配置を進めます。市民のあらゆる階層の声を基本に、公平・平等な政策執行を進めます。子育て、高齢化対策など優先順位を明らかにし、限られた予算を有効に活用していきます。

 V字回復ができるとしても、数年で結果が出せないほど新城市の疲弊(人的、財政的、産業において)が進んでいます。この状態で、山本氏はどの様にV字回復ビジョンを実現するのか、具体的な道筋をお示し下さい。

【山本氏の指摘】
 白井市議は、悪臭産廃施設を必要だといい、住民や企業の苦情をエゴだと切り捨てた。

【白井からの質問】
 事は公開政策討論会を控えた当事者への指摘ですので、正確に根拠を持って指摘しなければなりません。山本氏は、僕のいつのどの言葉を捉えて、その様な指摘をされたのか、具体的にお示し下さい。

【山本氏の主張】
 山本は、産廃施設による環境汚染を止めるべく、4年前から市民の会の代表として反対運動を行って来た。

【白井からの質問】
 山本氏は、環境汚染を止めるべく反対運動を続けてきたと主張していますが、今、愛知県の許可が下り操業が始まっています。4年間も反対を言い続けたのにも関わらず、何が足りず操業許可が下りたのか、ご認識を具体的にお示しください。

 例えば、あなたが市長だったら、操業を止めることができたと考えているのでしょうか?もし考えているとしたら、どの様な対応で止めることができたのか、具体的な対応をお示し下さい。

【山本氏の主張】
3名のなかで環境汚染を止めるのは山本しかいないのは、明確である。

【白井からの質問】
 先ず、環境汚染の定義をお示しください。法的に新城市にどの様な環境汚染が広がっているのか分かりやすくお示し下さい。

【山本氏の主張】
 従って、新城市を消滅可能性都市とした責任は、穂積市長と白井市議の2名にもある。

【白井からの質問】
 市議会議員として、足りないところは認めざるを得ません。責任が無いとは考えていません。ただ、どの議員よりも努力を惜しまず、穂積氏との議論は続けてきました。4年前には、あなたの要請に応え、市庁舎見直しで大同団結し、市長選と市議選を戦いました。結果は、あなたの市長選惜敗、僕の市議への復帰でした。その後は、選挙の公約を果たすために、市民とともに住民投票実現の先頭に立って活動し、見直しを実現させました。

 山本氏は、簡単に市長も市議も同罪だと切り捨て、任期全てが問題だと主張しています。それではなぜ、次の市長選を待たずに進められた市長リコールの時に、山本氏は、早々と市長リコール運動から撤退を決めたのか、その理由をお示しください。市長リコール運動を進めた市民を見殺しにすると考えなかったのでしょうか?

 また、僕を同罪だと切り捨てていますが、僕と穂積氏の議論をどの程度把握しているのか、また、僕が関わっている市民運動をどの程度把握しているのか、具体的にお示し下さい。

【山本氏の主張】
今までできなくて、これからできる根拠を示さなければならない。

【白井からの質問】
 議員と市長の権限の違いを理解しているのでしょうか?議員としていくら頑張っても予算提案は市長しかできません。その市長の考え方を変えるために、議員は議論し行動するしかありません。議会を変えることができれば、市長と政策競争も夢ではありませんが、山本氏もご存知のように、議会は市長と政策競争できるレベルになっていません。その議会から、政策提案(大多数の議員の賛成を得る)し、市長の政策(市長の提案が否決されることはない議会です。直近の事例では、新東名バスが議会の能力を示しています)を変えることは、ほとんど不可能です。

 ただ、黙って議論しているだけでは責任を果たせませんので、自らも歴史起こし、農業起こし、エネルギーの地産地消の実践を行っています。この実践は、市民としても必要な行動です。また、具体的な行動が山本氏への共感を生み出すでしょう。山本氏は、これからの政策提案の中で、何を実践し、どんな成果を上げてきたのでしょうか?「今までできなくて、これからできる根拠を示さなければならない」ことは、山本氏にも問われているのです。具体的にお示しください。



市民説明会.pdf
posted by 地産池消 at 15:52| 愛知 ☁| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください