2017年09月02日

市内各地で市民の方の声を聴いています

micchy1.png 市政報告会を始めて2ヵ月が過ぎました。明日(9月3日)の鳳来中央集会所での市政報告会(午後7時開会)で9ヶ所目になります。地域自治区単位(舟着地域自治区では会場関係で実施できず)で開催を進めてきました。

 一週間毎の開催となりますので、開催地域自治区を一週間、チラシ案内、直接の対話など地域の方たちとお会いすることができました。

 多くの方が、新城市の現状に不安を抱いています。何とかしたいが、どうしたら良いのかで悩んでいるのです。「この地域は高齢者ばかり。若い人がいないので、地域の維持管理も心配」との声は、まちなかでも聞かれます。

 新城市の合併12年で一番足りなかったのが、地域の将来像を描くことだったと考えています。地域に働き場所が無くなれば、若者が地域から消えていくのは必然です。この必然に対する具体的な政策が見えなかったのです。

 その具体的な政策を持って、地域に出向いてきました。新城市の自前の財源の縮小が心配です。頼みの合併特例債も期限切れが後数年に迫っています。様々な事業を、新城市の財源で賄わなければなりません。呑気に構えていたら、公共施設・インフラなどの整備さえままならない状況になりかねません。

 どうしようと考えているのか、以下の資料をご覧ください。


ホームページができました。画像クリックでご覧になれます。
header.png


市民説明会の資料です。

市民説明会PDF.pdf
posted by 地産池消 at 07:31| 愛知 ☁| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください