2014年05月24日

古民家で魅力アップ

 古民家改修に取り組み始めて、早2ヶ月が過ぎました。空き家になって8年ほど経っていました。空き家であっても他人に貸すことが簡単でない理由を実感しました。仏壇がある、住んでいた頃の生活が残っている(歴史があればあるほど、数多くの思い出がある)、他人に貸した後の心配など、他人に貸す意味がなければ、朽ちることがわかっていてもそのままにしてしまうということになってしまいます。

 今回、貴重な資源としての古民家の価値をお話しさせていただき、所有者の理解を得ることが出来ました。開山1300年の鳳来寺山の表参道の残る古民家の価値は、まちづくりには大きなものとなります。表参道は、かっては鳳来寺山へのお参りで賑わった歴史があります。自然に抱かれた鳳来寺山という資源を活かすためにも、歩いてみたい表参道の復活を目指します。

 都会にない古民家の風情を感じ、鳳来寺山の石段を登りながら自然に癒される、そんな場所を地域の方たちと作り上げることが、地域の元気づくりにつながります。人に訪れてもらえることが地域の意識を前向きに変えてくれるでしょう。地域の魅力を自分たち自身が認識することで、次の世代へ地域の誇りを伝えることもできると思います。

 田舎がだめではなく、田舎の良さを認識できないことがダメだと思います。田舎で暮らす面白さを市民に広げていくために、資源を活かした交流人口の増加を目指します。新城市ならできると動きます。

 以下の写真は、古民家の裏庭の風景の改修前と改修後の姿です。改修前には見えなかった石垣が見えています。素人集団で、朽ちた蔵を壊し、裏庭が憩いの場に生まれ変わりました。きっと、多くの方に素晴らしい一時を感じてもらえる場所になります。今後も、元気なまちを夢見て頑張ります。


DSCF1232.JPG

DSCF1420.JPG


posted by 地産池消 at 21:42| 愛知 ☀| Comment(0) | 古民家再生 | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

古民家の所有者とパチリ

 今日は、裏庭の蔵の残材の後片付けを行いました。

 古民家の所有者の方も家屋内の片付けを進めてくれています。集合写真には、所有者のお母さんと息子さん夫婦も写っています。鳳来寺山表参道の賑わいにお役にたてればと、貸して頂きました。新城市として所有者の方の理解を得ながら、残すべき空き家を指定し、所有者、市、地域、市民の協力で住居として再生させたいと思います。空き家を住居として再生できれば、地域の崩壊に歯止めをかけることになります。


5/10集合写真

 以下の写真は、裏庭にあった蔵の取り壊し前と、取り壊し後の写真です。蔵が無くなり、石垣が見えるようになりました。立派な石垣です。

蔵取り壊し前

蔵取り壊し後



posted by 地産池消 at 20:24| 愛知 ☀| Comment(0) | 古民家再生 | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

5月連休は古民家改修作業

 古民家改修作業を裏庭から始めています。蔵は、屋根に水が入り、残念ながら取り壊しています。作業前には見えなかった石垣が現れ、立派な石垣にちょっと感動。鳳来寺山表参道に残された貴重な古民家です。新城市の観光の一助になればと思います。この古民家が建てられた200数十年前は、鳳来寺山参拝で賑わった場所です。昔の賑わいを少しでも復活させたいものです。

裏庭作業前

裏庭作業後




posted by 地産池消 at 19:30| 愛知 ☁| Comment(0) | 古民家再生 | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

古民家の全景をお知らせします

どんな古民家かお伝えします。200数十年の重みが感じられませんか。

古民家西から


古民家全面


古民家裏面




posted by 地産池消 at 21:17| 愛知 ☁| Comment(0) | 古民家再生 | 更新情報をチェックする