2017年08月23日

公開政策討論会の準備会始まる

 僕が出馬表明したのが、6月30日でした。約2ヵ月かかって、公開政策討論会の入口に3者が立ちました。何でこんなに時間がかかるのか不思議ですが、各地の公開政策討論会の状況を聞くと、意外と公開政策討論会を嫌がる予定候補者が多いとのことです。公開政策討論会を準備する人たちを脅してまで、開催を阻止しようとする予定候補者もいるそうです。

 それだけ、公開政策討論会で実態を明らかにされたくないということだと思います。「私が市長になったら○○を実施します」と言ってしまえば勝ち、という認識が予定候補者、支援者にあります。今回気になるのは、穂積氏の「4年で1000人の雇用の実現」、山本氏の「V字回復」という政策です。そんなに簡単にできるなら、新城市の困難は既に無くなっています。

 しかし、公開政策討論会は、「これまで、その政策が実現できなかった背景は何だったのか?」「実現のための財源は?」「それを具体的に進める人材はいるのか?」などが、相手からの質問で明らかにされていきます。だから公開政策討論会が必要だと考えます。

 バラ色の市民受けする公約で当選しても、市長になって「できません」では困るのです。マニフェスト選挙の怖さがそこにあるようです。できる、できないかではなく、どれだけ市民受けする政策を掲げるかに注力しがちです。そうならないために、今回の公開政策討論会を進めたいと考えていましたが、時間は限られています。「市民自治」は、市民への情報提供が前提に、市民が自分の頭で考え、自分の頭で判断することの繰り返しで成熟していきます。

 準備会が始まりました。限られた時間を有効に使いたいと、3予定候補者から推薦された9名(第一回は、仕事の都合で2名が欠席)が議論を始めました。会議は、最終的に結論を公開するとしましたが、途中の経過を公開しても市民にはわかりにくいとの判断で、非公開で進めることになりました。3予定候補者は、オブザーバー参加とし、準備会の結論に従うこととしました。準備会のみなさんはボランティアです。ご苦労をおかけします。

 話は変わりますが、8月22日、現職議員で次期出馬予定者の新聞社による写真撮影が行われました。撮影の場にいなかったのは、菊池、鈴木眞澄議員、白井の3人だけでした。17人の現職議員のうち14人が出馬するようです。4年の議員活動を見て、何で議員になりたいかと「?」の議員が一杯います。

 それでも、あいさつ、握手、熱心な訪問(政策なんか関係なし)で、票を集めて当選してしまう議員がいるのです。議員の実態が市民に伝わっていません。議員候補予定者にも、公開政策討論会が欲しいと思います。何を考えているかを市民が判断できる場所がなければ、「地元候補」が一番の選択になってしまいそうです。

 市長、議員も次の新城市の方向を決める重要なポストなのですが、現実には「誰がやっても同じ」という意識もあります。新城市の将来を決めるために、市民一人一人が考えられる文化を一つ一つ作り上げるしかありません。その一歩が、公開政策討論会になることを願っています。
posted by 地産池消 at 09:09| 愛知 ☀| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

公開政策討論会準備会第一回近づく

 8月22日の第一回準備会打合せが近づいています。当日の進行について、両氏に問い合わせをしました。第一回目の進め方の骨子だけでも必要かと考えました。以下のメールを送りました。どこまでを公開するのかが決まっていませんので、レジメ案自体は添付していません。

 やっとの思いです。3者が同一の歩調は難しいものです。2者でも難しいですが。結局、僕からの公開質問状もネット上での公開討論会も宙に浮いています。共に出馬表明しているのに、何で制限ばかりをつけようとするのか不思議です。3人が覚悟すれば良いだけと思います。

 それぞれの主張を公にできるチャンネルが多いほど、市民にはメリットが多いと思うのですが、何にしても不思議な出馬表明です。僕の出馬表明から2ヵ月弱です。肝心な公開政策討論会の入口にも立てませんでした。不思議な気持ちです。この程度の覚悟の人間たちが出馬予定者なのか、と市民の落胆が広がらないことを願っています。


【8月20日6時33分発信(白井から山本たくや後援会、穂積氏へ)】
山本たくや後援会御中

穂積亮次様

 暑い中のご奮闘お疲れ様です。

 さて、準備会第一回打合せが近づいていますが、打合せの進行について参考にレジメ案を作成しました。何もなしの打合せでは、効率的な打ち合わせにならないと考え、作成しましたが、ご意見をお伺いしたいと思います。レジメの中には、今後の準備会経費の負担についての項目を載せてありますが、僕の考えは予定候補者3人が負担すべきものと考えています。

 以上について早急に返信をお願いします。
posted by 地産池消 at 06:50| 愛知 ☁| Comment(2) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

公開政策討論会の準備会の会場を変更します

 会場を杉山公民館としましたが、準備会メンバー名を公表しないと、穂積氏と了解してきましたが、場所を公開すれば、当然メンバーが特定されてしまいます。今後、公開・非公開が検討されるかもしれませんが、現時点では、非公開でお願いしてきましたので、場所を変更することにしました。そのやり取りです。

【8月16日午前8時20分返信(穂積氏から白井へ)】
白井倫啓様

今朝になって昨日(8月15日付)の貴ブログを拝見して、少しびっくりしました。8月22日の準備協議について、日時と場所を記載されています。貴兄はこの協議について非公開を求められていて、私は異存はありつつ同意してきたところです。

日時・場所を公表したということは、協議非公開の方針を変えたということでしょうか。これまでのさまざまな事例からすると、このような場合、部外の方や報道関係の方などが、「聞かせてほしい」と言って会場に来られることがあり、会議はのっけからその対応で時間とエネルギーをとられることがあります。

最初から公開方針であれば何のことはなく、傍聴規定などを設けておけばよいだけですが、非公開としたものの場合は、お引き取り願うか、その場でルール設定を迫られるかになります。

この点どのようにお考えか、確認させてください。非公開を貫くならば、事前協議が始まることのアナウンスにとどめ、日時場所などは特定する必要はありません。日時場所を公表した段階でそれはもう非公開とはいえなくなります。

次のいずれかの対応を求めます。

①貴ブログ欄から 日時・場所の記述を削除する(遅いとはいえ)。
②場所を変更する。
③貴ブログにて、あらためてこの協議は非公開なので当事者 以外は入室できない旨記載する。
④非公開方針を撤回して公開に転換する(もっとも山本氏側の意向が確認されていないので、現段階では困難)。

ご回答ください。

穂積 亮次

【8月16日午後2時3分返信(白井から穂積氏へ)】
穂積 亮次様

 連絡ありがとうございます。ご指摘の件ですが、準備会のメンバー名は公表しないと考えていましたが、会場を公表すればメンバーが特定できることにつながります。十分な配慮が欠けていました。会場を変更しましょう。後日、お知らせします。

posted by 地産池消 at 14:18| 愛知 ☁| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

公開政策討論会のやり取りはさらに続きます。

やり取りは続いています。公開政策討論会の準備会の打合せは、8月22日、午後7時から、杉山公民館にて行われる予定となりました。ネット上での公開討論会は、穂積氏との意見の相違は変わっていません。山本氏からは、何の返答もありません。

【8月14日12時41分返信(穂積氏から白井へ)】
白井倫啓様

確認いたしたく。

 山本後援会に、私から23日第一希望等の返答を送り、その後貴兄より23日確定でお願いしたい旨の連絡がされたと思いますが、それに対する先方からの返答はありましたでしょうか。こちらにはその後なにもありませんので、少なくとも日程確定の連絡をもらえるよう督促を送ろうとおもっています。

 それから3人メンバーですが、当方の1名が体調不良のため、交代をお願いすることになるかもしれません。協議方針等には変わりありませんし、そちらにご迷惑をおかけすることもないとは思いますが、ご承知おきください。

穂積亮次

【8月14日午後4時16分返信(山本氏から白井、穂積氏へ)】
To 白井市議様
Cc 穂積市長様
ご公務お忙しい中、お世話をおかけします。

 さて、当方からご提案させて頂いた日程について、穂積市長様からは、第一候補:8月23日(水)、第二候補:8月22日(火)とご返答頂きました。ありがとうございました。

 白井市議様からの返信メールは確認できませんが、最終的な当方の希望を言わせて頂けば、当方定例会のある水曜日を避け、8月22日(火)午後7時からとして頂きますと有り難いです。穂積市長様には、第二候補になってしまい申し訳ありません。

 場所等は、白井市議様でお決め頂いたことに従いますので、決まりましたら当日までで結構ですので、本メールにご返信ください。お待ちしております。

山本たくや後援会 

【8月15日午前8時25分返信(白井から山本氏、穂積氏(転送)へ)】
 おはようございます。下記メールを既に送付してありますが、ご確認いただけていなかったようですね。今さら仕方がありませんので、8月22日で調整します。場所は、こちらで調整します。後日連絡します。

 現在、穂積氏とネット上の公開討論会の調整を行っておりますので、山本氏のお考えをお示し下さい。

----- Forwarded Message -----
From: 白井 倫啓
To: 山本 拓哉
Cc: 穂積 亮次
Date: 2017/8/10, Thu 20:44
Subject: 連絡

山本たくや後援会殿
 
 日程調節の件です。穂積氏側の日程を考え、8月23日での開催をお願いいたします。打ち合わせ場所について、ご指定があればご指示ください。早急なご返答をお待ちしております。
 以上、よろしくお願い致します。

【8月15日午前10時44分返信(穂積氏から山本氏、白井へ)】
山本たくや後援会御中
CC白井倫啓様

 ご連絡ありがとうございます。日程調整の件、8月22日(火)午後7時からで承知いたしました。

 当方の状況だけお伝えしますと、8月23日ですと私も含めた全メンバーが参加可能でしたので、ここを第1希望としました。22日は3名の協議メンバーは参加可能なものの、私が公務(若者議会開催日)で対応できないため第2希望としたところです。

 ただ当初から申し上げていた通り、私の日程が合わなくとも協議を優先いただき、その取り決めに従うことには変わりありません。まずは3者が共通のテーブルについて話し合いを始めることが大切と存じます。なお、以前に白井氏に伝えておりました、当方の3名メンバーのうち1名が都合により、22日の協議に参加できなくなりましたので、1名を差し替えさせていただきます。

 山本後援会ならびに白井氏に確認させていただきますが、22日の会議前に3者のメンバー表を交換することは必要でしょうか。もちろんそのメンバーへの同意を求めるものではなく(当初から人選についてはそれぞれで決めるだけで、相互同意を必要とする性格のものではないと、白井氏と私との間では確認しておりました)、準備作業の一環という意味だけのことです。

 必要であれば氏名等をお二人側にお送りしますし、とくに必要でなければ当日の顔合わせをもって代えます。当方はどちらでも結構です。

 それから私の側の記録上1点事前確認させていただきたいことがあります。山本たくや後援会殿もしくは山本拓哉氏ご本人のご意向ですが、8月22日から始まる事前協議の公開の是非に関してです。

 これまでの白井氏と私とのやりとりでは、私はこの準備協議の段階から記者クラブ等に公開することが
望ましいと考え、その旨提案させて頂きましたが、白井氏が非公開を望まれましたのでそれを尊重する
ことにしております。

 したがいまして白井氏側のご意向に変化がないかぎり(参加者に公開を望まない方がおられるかぎり)、22日の会議も非公開とすることになろうかと思いますが、私が確認させていただきたいのは、
山本たくや後援会もしくは山本拓哉氏のご希望です。公開を望まれるか、非公開を望まれるか、お知らせいただければ幸いです。確認して記録に残す以上の意味はありません。

以上よろしくお願いいたします。

穂積 亮次

【8月15日午前10時51分返信(穂積氏から白井へ)】
白井倫啓様

 山本後援会からの日程希望が私にも届きましたので、8月22日で了承の旨返信いたしました。なお貴兄には以前にお伝えしたとおり、22日は私自身は若者議会の開会日のため出席できません。当方の3名メンバーで対応させていただきますが、協議結果には従いますのでまずは進めていただきますようお願いします。

 それから準備協議については以前の確認どおり「非公開」にすることになると思いますが、山本氏側の意向確認だけはさせていただきたく、上記返信メールにはその件も付け加えてあります。

全文をCCで貴兄にも送ってあります。

穂積 亮次

【8月15日午前11時36分返信(白井から穂積氏へ)】
穂積 亮次様

了解しました。

【8月15日12時10分返信(白井から穂積氏へ)】
穂積亮次様
山本たくや後援会(CC)御中

 お問い合わせの件です。「会議前に3者のメンバー表を交換することは必要でしょうか」の件です。当日の顔合わせで十分と考えますが、山本氏の意向に従います。なお、こちら側のメンバーの一人が以前お知らせのメンバーから交替していることをお知らせします。

 ネット上の公開討論会については、あくまでも制限が必要とお考えですか?進め方について、具体的に提案してください。質問回数の制限、字数の制限、テーマの決め方などについてです。よろしくお願いします。

【8月15日午後3時2分返信(穂積氏から白井へ)】
白井倫啓様

 ネット討論に関して数々の熱意と誠意ある提案、ありがとうございます。この間のやりとりは必ずしも「議論ばかり」と否定的に見るだけには留まらないように思います。この間の議論を通じて、貴兄と私との立ち位置の違いが浮き彫りになったとも思います。

 その辺の感想と少し敷衍したコメント本日付の小ブログに書きましたので、お時間のある時にでも
ご覧いただければ幸いです。穂積ブログはhttp://tomako.dosugoi.net/e985287.html  です。
では。
穂積 亮次

【8月15日午後4時56分返信(白井から穂積氏、山本たくや後援会へ)】
穂積 亮次様
山本たくや後援会御中

 8月22日、午後7時からの準備会打合せの件ですが、場所を杉山公民館とさせて頂きます。確認が容易で、終了時間を気にせず打合せができると考え決めました。場所は、杉山万福寺の東側の小道を入ったところです。入口に、空手の案内看板が立っています。バイパスのエネオス給油所の北側(旧道を挟んで反対側)に位置しています。駐車場は、公民館奥の広場です。

 以上、関係者にご連絡ください。よろしくお願いします。

【8月15日午後5時20分返信(白井から穂積氏、山本たくや後援会へ)】
穂積亮次様
山本たくや後援会(転送)御中

 再度確認します。あなたのブログで「たとえば資金力や組織力に勝った陣営であれば、そのための専属スタッフを張り付けておくことだってできます。そして時間・空間無制限の議論の応酬になれば、そのような時間の使い方ができる側が一方的優位に立つことは容易に想像できます。

 これはどういうことかというと、そのために使う時間に対して一定の共通ルールを定めておかなければ、一方が他方の時間を奪い取り、一方が他方の行動を妨害できることを意味するということです。私的空間ではこれが容易に起こりえます。ある種の「ストーカー型」、「クレーマー型」の言論であっても存在の権利を主張できます」

 何回も強調してきましたが、お互いが真摯に市民と向き合うことを前提にすれば、あなたの心配は杞憂だと考えています。市民が納得できる政策の提案があり、それを実行できるリーダーを選択できれば、市民には最良の選択です。そのために、どれだけの資金力があろうと組織力があろうと関係ありません。問題なのは、資金力、組織力を利用した票集めです。極端に言えば、政策無しの動員選挙になってしまうことが、市民自治を阻害してしまうことです。ネット外の方が、その影響は大きくなるでしょう。

 なぜ、ネット上での公開討論会を、無制限な討論に結びつけるかが理解できません。政策討論が重要であり、組織・資金力が優位な予定候補者が絶対的に有利と結びつきません。政策は、予定候補者を含めた支援者で豊かになるものであり、組織力・資金力があるから素晴らしい政策に結びつくとは限りません。予定候補者の思いです。ネット上だから、組織力・資金力を逆にカバーできることもあるのです。

 なぜ、あなたは他の二人をそれだけ信用できないのでしょうか?あなたの言われる方法を取ろうとすると実現に結びつくのでしょうか?市民のためのネット上の公開討論会になるのでしょうか?あれもだめこれもだめの制限ばかりで、結局予定候補者の本音の議論が隠されてしまわないでしょうか?

【8月15日午後5時35分返信(穂積氏から、山本たくや後援会、白井へ)】
白井倫啓様
山本たくや後援会御中

 白井様のご手配に感謝いたします。8月22日19:00 杉山公民館確認いたしました。当方3名出席させていただきます。なお公民館に借料が発生するようでしたら、均等分割分をご請求ください。

穂積亮次

【8月15日午後9時30分返信(白井から穂積氏、山本たくや後援会へ)】
穂積亮次様
山本たくや後援会御中

 穂積様、連絡ありがとうございます。杉山公民館を開けてお待ちしています。

 山本たくや後援会殿、最終確認連絡お願いします。本当に、8月22日で良いのでしょうか?念のため返信お願いします。

posted by 地産池消 at 21:51| 愛知 ☀| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする