2017年08月01日

任期4年を振り返りますPart6

 今回は、議員と市長の関係について振り返ります。現在、議会基本条例の見直しの議論を議会改革特別委員会で続けています。この議論の中で、議員と市長の関係、議決責任等が議論されました。

 新人議員と言っても、既に4年間、議員として、様々な議決に関わってきました。「議決責任とは何ですか?」等と質問する議員がいます。「反対した議員は、いつまでも反対すればいいのか?」(山崎、打桐議員)と質問するのです。

 議員のイロハも知らないまま議員を続けてきたことになります。議決責任を理解しないまま、議会活動を続け、議会基本条例の議論の場に立っています。まるで議論になりません。「議員が議決の重みを考えたことがあるだろうか?賛否の決断で幾晩も眠れないことがあったのだろうか?」と議員活動が問われる時代になっているのですが、山崎議員においては、記者活動何十年というしがらみが思考を停止させているかのようです。

 委員会の議論を振り返れば、議決責任の重さを、新城市議会の議員のどれだけが理解しているのかと不安になります。議決責任は、議決した瞬間から、その議決された案件が完結するまで問われるのです。しかし、これまでの議会は、議決した瞬間に全てが終了し、後は行政責任だと考えていたのです。議決の判断も、「反対するわけにもいかないし、まずやってみるか」程度で、議決の判断で悩みぬいたことはほとんどなかったでしょう。

 賛成しても、反対しても議決責任は、いつまでも問われるのです。議会としては、いつまでも問い続け、自分たちの議決結果が正しかったのかを検証し続けなくてはならないのです。「反対したから知らない」ではなく、反対した根拠が正しかったのか?執行状況に市民の理解が得られているのか?よりよくするための改善は考えられないのか?政策自体の変更または廃止を提案した方がいいのか?など、検証をし続けなくてはなりません。

 賛成議員の責任はさらに重いともいえます。政策によっては、多額の税金が使われます。市民の生活にも影響を与えるのです。安易に市長提案に賛成するわけにはいかないはずなのですが、現実は違います。未だに「市長提案ご無理ごもっとも」議員が存在しています。

 「議員間の自由討議」が強調されていますが、この言葉の意味を理解できない議員が存在していますので、「議決責任」の意味を理解することはさらに難しいでしょう。とは言っても、難しい理論ではなく、理解できないまま議員活動を続けている議員が問題だけです。

 「議員間の自由討議」とは、文字通り議員間で自由に討議することですが、どの様な視点で討議するかが要となります。各議員が何の調査も検討もないまま、持論を展開するだけのものは自由討議とは言わないのです。山崎議員のように、何十年前の議会の常識を盾に討議を続けることでは、政策をより豊かにする討議にはならないでしょう。

 「議決責任の重み」を理解できない山崎議員には、議会基本条例の「議員と市長は緊張関係を持つ」との文言を、「緊張関係を突き詰めると対立になるから、あまり強調しない方が良い」となってしまうのです。さらに「対立の先には、あなたが市民を扇動した住民投票になる」などと、あの住民投票を貶める発言を平然と続けるのです。

 山崎議員は、自ら発行した「新城公論」では、住民投票の声が盛り上がり、いよいよ避けられない状況となった時、市長と議会主流派(おそらく、加藤、浅尾議員、白井を除く全議員)が会合を持ち、住民投票を加藤議員、白井との共同提案にする、そしてその交渉者を誰にするかまで決めていたことを、自慢げに公表しました。

 議会が、市民の声を聴くのではなく、市長と内々の打合せをしていたのです。二元代表制がどこかに投げ捨てられていたのです。結果、住民投票で市長、議会にNOが突きつけられ、見直しせざるを得なかったのです。「市民自治」を目指すと議会基本条例でうたっている議会の実態があぶり出され、市民の信頼を大きく損ないました。

 山崎議員は「二元代表制は世界では主流ではない。二元代表制を強調する必要もない」の様な発言もしていました。「二元代表制が主流で無いという根拠は?」と問えば、「資料を持ち合わせていないので、後日説明したい。今言えることは、ヨーロッパでは議院内閣制だから、議員の中から首長が選ばれているということだ」と回答。

 まさに、二元代表制を理解していないことを自ら明らかにしました。議会基本条例見直し前文には、「ともに選挙で選ばれ、市長は独任制の執行機関、議会は合議制の議事機関という特性(この特性が議院内閣制との違いなのです)がある。この特性を活かし二元代表制を自覚し、市民自治社会を目指すこと」をうたっています。さらに議会改革の流れも理解できるように、地方分権の歴史も盛り込んでいます。

 議員は、4年毎の選挙で入れ替わっていきますので、議会改革の理念が継承されない可能性があります。そのために、議会基本条例で議会・議員の活動原則、議会改革の理念を明らかにしています。山崎議員のような議員が選ばれても、議員としての活動の質を下げないために、議員としての守るべき原則を定めているのです。議会改革の理念も明らかにしています。

 「あまり細かく規定すると、議員の解釈を縛ることになる」とも山崎議員は発言をしています。まさに、議会基本条例が、議員が勝手な解釈で議員活動の質を下げることにないように戒めているのです。山崎議員の様に自分流の活動を良しとする議員ばかりになってしまえば、二元代表制が有名無実となります。

 議会基本条例見直し案では、議員と市長は緊張関係を持ち、市民福祉向上のために市長と議会は、対立ではなく、より高い理想を目指し政策競争を行う(善政競争)ことを明らかにしました。議会が、単なるチェック機関だけでなく、政策提案で市長と競争できる組織に脱皮することをめざす段階に立っているのです。

 このことを理解できない議員が、議会改革特別委員会の議論を停滞させています。議会改革の流れをいくら説明しても、それを受け入れたくない議員には、なかなか通じません。委員長が仕切ってくれればいいのですが、言いたい放題を許してしまうので、議論は遅々として進まないのです。発言する議員は限られていますが、発言から判断すると全国の先進議会が進めている議会改革を理解できない議員は、山崎議員を筆頭に柴田、打桐、村田議員、浅尾議員(前向きな部分は理解しますが、木を見て森を見ていないため見当違いの発言が目立つ)です。逆に理解し(不十分と思われる部分もいくらかありますが)発言を繰り返している議員は、小野田、滝川、山口、鈴木達雄議員となります。他の議員は発言が控えめですが、概ね理解が進んでいると信じたいのですが。

 議会改革検討会議が議長に答申した見直し案の合意が、議会改革を理解できない(したくない)議員により、妨げられています。丸山委員長の仕切り方も問題です。基本的な理解不足を指摘し、本人の努力を促さなければ、合意は不可能です。「新城市議会の現状が市民に理解されている」、「現状に問題はない」、「全国の先進議会を学ぶ必要は感じない(新城市議会は独自で判断すれば良い)」と強弁できる議員には、議会改革は必要ないのです。

 議会改革が必要と考えない議員に、議会改革を求めることは、水を飲みたくない馬に無理やり水を飲ませるような行為の様にも思えます。現在の委員会の議論の非生産性に怒りさえ感じます。現職のほとんどが次に立候補を考えているようです。4年間の実績で判断して欲しいと切に願います。そのために、具体的な議員名を挙げています。



新城市議会基本条例見直し案最終成案.pdf
posted by 地産池消 at 20:35| 愛知 ☁| Comment(0) | 市議会の出来事 | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

その後の公開政策討論会を巡るやり取り

 事態はいくらか進展しています。穂積氏がこだわった山本たくや後援会への共同提案を出すまでもなく、山本たくや後援会の役員のみなさんが、誠実な対応検討を約束してくれました。以下は、そのやり取りメールです。いつまでも結論が自分で出せない山本氏に疑問は残りますが、後援会のみなさんの思いを受け止め、明後日の役員会の結論を待ちたいと思います。

【7月31日午前10時23分返信(穂積氏から白井へ)】
山本さんの誠実な対応を求め、責任ある取り組みを求めるためにも、重ねて役員会にはかれるような文書を発出すべきです。なぜ出せないのですか?

穂積亮次

【7月31日午前12時28分返信(山本氏(山本たくや後援会)から穂積氏、白井へ)】
穂積様 白井様
日程調整のメールを頂きありがとうございました。
私ども山本たくや後援会としましては、ご提案に対し、先に山本本人よりご返信しました内容を受け対処をしてゆく所存でおります。
御両氏におかれましてはブログなどで様々なご提案をしておられる事も伺っておりますが、正式に頂いたご提案を、山本本人と共に後援会会議にて検討しお返事をと考えております。

先に提案のありました7月30日については 後援会親睦旅行に出掛けており、事務所も休日でメールを開く状況下でなく白井様、穂積様からの御通達に対処できず、申し訳ございませんでした。
準備会については後援会の会議の中で検討させていただきたいと思います。
準備会につきましては、穂積様同様、本人山本の出席が無くても良いと考えておりますので、27日に山本が申しました通り穂積、白井氏の見識ある方々に寄りまして、健全かつ公平な準備委員会により、公開討論会となることを信じてお任せするか否かと言う内容で、後援会の会議にて一度審議させていただきます。
又ネット上の質疑についても改め解答させていただきます。

山本たくや後援会会長 ×××× 
担当 事務局長 ××××

【7月31日午前12時49分返信(白井から穂積氏へ】
穂積様

山本氏後援会から返信がきましたので、転送します。あなたが心配しなくても、後援会の役員の方は受け止めて頂いておりました。ご回答を待ちましょう。

【7月31日午前12時56分返信(白井から山本氏(山本たくや後援会)】
山本たくや後援会会長 ××××様

お忙しい中丁寧なご返答ありがとうございます。
これまでの提案について検討して頂けるとのことで、胸を撫で下ろしています。期待が高まっている公開政策討論会をできるだけ早く開催するために、是非お力をお貸しください。ご回答は、明後日の役員会で結論が出されるという理解でよろしいでしょうか?

【7月31日午後3時7分返信(穂積氏から白井へ)】
確認しました。後援会役員会の回答をまって対処しましょう。
posted by 地産池消 at 21:09| 愛知 ☁| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする

山本氏へ市民のへの責任を求めました

 公開政策討論会開催に、責任を果たしてもらうために、山本氏にメールしました。

【7月31日午前6時54分連絡 白井から山本氏へ】
山本 拓哉様へ

おはようございます。

 7月30日の僕のメールへの返信をお願いします。正式な申入書とのことでしたが、あなたにはこれまでも確認してきました。後援会の打合せはあなたが責任を持つことでありますので、敢えて申入書は必要ないと考えています。7月31日の僕のブログを参照ください。僕の考え方を示しています。市民は、3者の責任での公開政策討論会を求めているのであって、各自の後援会内のことに興味があるのではありません。出馬表明した時点で、市民への責任が生じているのです。その点を自覚して頂き、早急に返信をお願いします。

【7月31日午前6時53分返信(穂積氏から白井へ)】
白井様

 時間がないので、結論だけ送ります。お申し越しのようなメールを山本氏に送っても、返ってくるのは、先の返答以上のものはないと思います。先方の求める正式の申入書を送るべきです。
 明後日には役員会があるのですから、その時間を最大限に生かすべきです。

【7月31日午前7時4分返信(白井から穂積氏へ)】
穂積 亮次様へ

先ずは、山本氏の返信を待つのが筋です。

【7月31日午前8時2分返信(穂積氏から白井へ)】
また1週間ムダにするだけですよ。

穂積亮次
【7月31日午前8時39分返信(白井から穂積氏へ)】
穂積 亮次様

 山本氏は、自らの意思で公開政策討論会への参加を表明したのです。その責任を曖昧にするのであれば、今後の政策討論会に悪影響を与えます。公開政策討論会は、できるだけ公平な進め方が決まれば開催できるものであり、3者がどうしてもそろわなくても、最終的な確認を行うわけですので、準備会を進めることまで、3者にこだわりすぎれば、いつまでもできないでしょう。これまでの経過の繰り返しになります。今、必要なことは、山本君へ誠実な対応を求めるだけです。


posted by 地産池消 at 06:58| 愛知 ☁| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする

山本氏の後援会内の問題は山本氏が調整するしかない

 7月30日中の返信をお願いしたのですが、山本氏から返信が届きませんでした。穂積氏からは、返信が届きましたので、穂積氏へ下記の返信を7月31日の早朝に行いました。

【7月31日返信 白井から穂積氏へ】
穂積 亮次様
返信ありがとうございます。

 3者で進めることを否定しているわけではありません。そのために、7月29日開催の産廃学習会に出向き、直接山本氏に確認しました。その確認に責任を持つことが山本氏に求められていると考えます。

 3者は、公開政策討論会への参加を表明していますので、3者がお互いに責任を持たなくては先に進むはずがありません。山本氏には、僕のブログでも明らかにしていますが、何回も確認を求めてきました。疑問があれば、その都度確認をするのが、常識だと考えています。それも、各新聞でも報道される討論会についての確認です。市民に対して責任が生じています。

 山本氏には、7月30日にメール(7月30日付の僕のブログを参照ください)で問い合わせに対してお答えし、確認を求めました。山本氏が言われる「正式な申入書」がなくても、山本氏が後援会内を調整すべきものだと考えます。これからも、山本氏の後援会に対して、その都度確認することとなれば、答えは一週間毎の確認となり、ますます開催は先の話となる可能性があります。

 共同申入書は、山本氏が参加を表明した時から必要性がなくなったと考えています。3者が、公開政策討論会に参加する立場は同じだからです。あなたが言われる「禍根の残らぬ方法と手順でしっかりと詰めていくべきです」は、こちら側はその様に進めてきました。山本氏は、お客様ではありません。共に次の新城市政を変えていこうとする予定候補者(市長選)です。なぜ、お互いが合意した公開政策討論会が、ここまで進まないかは明らかです。

 予定候補者として、市民に責任を持つことが必要なのです。後援会内のことは、お互いが調整することで、3者の誰かが口を出すことではないことを改めて山本氏に伝えます。僕のメールへの返信を再度求めます。

下記が穂積氏からの返信でした。上記の返信は、下記の返信への返信です。

----- Original Message -----
From: Ryoji HOZUMI
To: 白井 倫啓
Date: 2017/7/30, Sun 21:05
Subject: Re: Fw: 連絡お願いします

白井倫啓様
山本氏側抜きの2者で準備会議を、との提案には賛同できません。

私は3者準備会議の持ち方について最初の提案をしました。それに対して貴兄が、これまでの流れから3人メンバーによる準備会議から入ろうとの提案をされました。

 私は山本氏側がそれで同意するなら、それで構わないこと、あるいは山本氏側からの提案等があるかもしれないからまずはそこから始めること、ならびにその場合には公開の是非に関する山本氏側の意向確認もお願いしたい旨、お伝えしたました。

 そのうえで山本氏からのリアクションは(それを得るためにわざわざ産廃勉強会にまで足を運ばれた貴兄のご労苦には敬意を 表します)、毎週水曜日の後援会役員会で意思決定するので、それに合わせた正式提案を欲しい、ということに集約されます。

 貴兄と私との間の協議経過や主旨について、山本氏が十分に通じていないのは当然のことですので、これまでの流れを整理したうえで、3人×3での準備協議から始めること、ここで第3者委員会のあり方を決めること、これに同意いただければ直ちに人選と日程調整に入りたいこと、同意いただけない場合には、進め方についての何らかの提案や対案を提示いただきたいこと、を山本氏側にあらためて申入れするのがスジというものです。

 山本氏のブログを見ると、公開討論会については氏の後援会内部では消極的意見も多いことが推察されます。そ ういうなかで公開討論会について賛同との公式回答をされたのですから、それを受け止めて禍根の残らぬ方法と手順でしっかりと詰めていくべきです。

 よって水曜日の山本後援会役員会に間に合うように(メールへの文書添付でも構わないとされています)、上記申入れを行い、速やかな回答をいただけるよう要請するのが順当と思います。

 必要なら申入書の案文は私の方で起草してもよいですし、貴兄に腹案があればそれを確認させてもらう形でも構いません。8月1日に2者だけで準備会議を開催することには反対です。

以上です。

穂積
posted by 地産池消 at 06:46| 愛知 ☁| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする