2017年07月31日

山本氏の後援会内の問題は山本氏が調整するしかない

 7月30日中の返信をお願いしたのですが、山本氏から返信が届きませんでした。穂積氏からは、返信が届きましたので、穂積氏へ下記の返信を7月31日の早朝に行いました。

【7月31日返信 白井から穂積氏へ】
穂積 亮次様
返信ありがとうございます。

 3者で進めることを否定しているわけではありません。そのために、7月29日開催の産廃学習会に出向き、直接山本氏に確認しました。その確認に責任を持つことが山本氏に求められていると考えます。

 3者は、公開政策討論会への参加を表明していますので、3者がお互いに責任を持たなくては先に進むはずがありません。山本氏には、僕のブログでも明らかにしていますが、何回も確認を求めてきました。疑問があれば、その都度確認をするのが、常識だと考えています。それも、各新聞でも報道される討論会についての確認です。市民に対して責任が生じています。

 山本氏には、7月30日にメール(7月30日付の僕のブログを参照ください)で問い合わせに対してお答えし、確認を求めました。山本氏が言われる「正式な申入書」がなくても、山本氏が後援会内を調整すべきものだと考えます。これからも、山本氏の後援会に対して、その都度確認することとなれば、答えは一週間毎の確認となり、ますます開催は先の話となる可能性があります。

 共同申入書は、山本氏が参加を表明した時から必要性がなくなったと考えています。3者が、公開政策討論会に参加する立場は同じだからです。あなたが言われる「禍根の残らぬ方法と手順でしっかりと詰めていくべきです」は、こちら側はその様に進めてきました。山本氏は、お客様ではありません。共に次の新城市政を変えていこうとする予定候補者(市長選)です。なぜ、お互いが合意した公開政策討論会が、ここまで進まないかは明らかです。

 予定候補者として、市民に責任を持つことが必要なのです。後援会内のことは、お互いが調整することで、3者の誰かが口を出すことではないことを改めて山本氏に伝えます。僕のメールへの返信を再度求めます。

下記が穂積氏からの返信でした。上記の返信は、下記の返信への返信です。

----- Original Message -----
From: Ryoji HOZUMI
To: 白井 倫啓
Date: 2017/7/30, Sun 21:05
Subject: Re: Fw: 連絡お願いします

白井倫啓様
山本氏側抜きの2者で準備会議を、との提案には賛同できません。

私は3者準備会議の持ち方について最初の提案をしました。それに対して貴兄が、これまでの流れから3人メンバーによる準備会議から入ろうとの提案をされました。

 私は山本氏側がそれで同意するなら、それで構わないこと、あるいは山本氏側からの提案等があるかもしれないからまずはそこから始めること、ならびにその場合には公開の是非に関する山本氏側の意向確認もお願いしたい旨、お伝えしたました。

 そのうえで山本氏からのリアクションは(それを得るためにわざわざ産廃勉強会にまで足を運ばれた貴兄のご労苦には敬意を 表します)、毎週水曜日の後援会役員会で意思決定するので、それに合わせた正式提案を欲しい、ということに集約されます。

 貴兄と私との間の協議経過や主旨について、山本氏が十分に通じていないのは当然のことですので、これまでの流れを整理したうえで、3人×3での準備協議から始めること、ここで第3者委員会のあり方を決めること、これに同意いただければ直ちに人選と日程調整に入りたいこと、同意いただけない場合には、進め方についての何らかの提案や対案を提示いただきたいこと、を山本氏側にあらためて申入れするのがスジというものです。

 山本氏のブログを見ると、公開討論会については氏の後援会内部では消極的意見も多いことが推察されます。そ ういうなかで公開討論会について賛同との公式回答をされたのですから、それを受け止めて禍根の残らぬ方法と手順でしっかりと詰めていくべきです。

 よって水曜日の山本後援会役員会に間に合うように(メールへの文書添付でも構わないとされています)、上記申入れを行い、速やかな回答をいただけるよう要請するのが順当と思います。

 必要なら申入書の案文は私の方で起草してもよいですし、貴兄に腹案があればそれを確認させてもらう形でも構いません。8月1日に2者だけで準備会議を開催することには反対です。

以上です。

穂積
posted by 地産池消 at 06:46| 愛知 ☁| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

山本氏と直接打合せを持ちました

 7月29日に山本氏と直接会って打合せを行いました。7月29日、庭野公民館で産廃学習会(主催:子どもと環境を守るママの会)が予定され、講師を山本氏が務めるようでしたので、確実に会えると考え出かけました。
 
 その場で、以下を確認しました。
①公開政策討論会の第三者委員会設置のための準備会打合せは、穂積氏と僕側の提案する準備委員で始める。追って、山本氏側の提案する3人が決まれば、いつからでも参加は問題なし。

②ネット上の公開質問状を通しての討論会参加は、了解する。

 しかし、下記のメールが届きました。その場で了解しながら、なぜメールかとの疑問はありますが、メールでのやり取りがありました。


穂積市長様 白井市議様

お世話になります。
 本、一連のメールについて、来週水曜日の後援会役員会に諮り決定し、その夜にメールで送らさせて頂きます。当方の意思決定は、毎週水曜日の役員会で行うことになっております。

 そのために、今までのメールでのご要望を整理して頂き、今までのように文書にて正式な申入れをお願いします。メールに文書添付でも結構です。

 今まで、配達証明郵便で申入書が届きましたので、次の申入書をお待ちしていましたが、既に穂積市長と白井市議で段取りが決まっているということでしょうか。

 また、正式申し入れの中に、今回のメンバー3名を出すこと云々のことについて、今日の庭野での会議の際に伺いましたが、実施委員会との関係は、実施委員会の設立のための準備作業を行うということでよろしいでしょうか教えて下さい。

 さらに、「ネット上の質疑」についても、3候補だけか、広く市民を巻き込んで行うのかなど、詳細を教えて下さい。

以上、よろしくお願いいたします。                   山本拓哉

追記。
先回、文書でお示ししました。本行為が公選法違反にならないことの確約を頂きたい。



7月30日山本氏への返信.pdf
posted by 地産池消 at 06:48| 愛知 ☁| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

いつになったら打合せが始まるのでしょうか?

 公開政策討論会に3者が、その必要性を認識し始めることになりましたが、開催の目途がたちません。これまでのメールのやり取りをお知らせします。ただ、待っているわけではないのですが。

7月25日に山本氏から公開政策討論会参加の合意文書が届く。

【7月25日連絡(白井から→山本氏へ)】
 回答受け取りました。新城郵便局へ取りに行き、無事入手しました。公開政策討論会の参加確認しました。早速、公開政策討論会の進行方法の打合せに入っていきます。穂積氏とは、予定候補者がそれぞれ3人の準備委員を提案し、準備員により第三者委員会を立ち上げるための打合せを行うことで了解し合いました。山本君からも3人の準備委員を選定して下さい。添付の日程で、それぞれの方たちの日程を確認したいと思います。予定候補者3人と、計9人の準備員で第一回の打合せを持ちたいと考えています。準備委員の選出と日程確認をお願いします。できるだけ早い返答をお願いします

【7月27日連絡(白井から→山本氏へ)】
 おはようございます。僕と穂積氏側の日程状況お知らせします。全てのメンバーが参加することは難しい状況ですので、不参加の方には後日の連絡を前提に、最大数の参加で第一回目の打合せを行いたいと思います。こちらの都合になりますが、7月30日でお願いしたいと思いますが、調整をお願いできればありがたいです。よろしくお願いします。連絡をお願いします。

【7月27日返信(山本氏から→白井へ)】
白井 様
お世話になります。7月30日は、後援会の旅行があり、終日対応できません。 取り急ぎご一報まで。
山本拓哉

【7月27日返信(白井から→山本氏へ)】
 返信ありがとうございました。他の提案した日ではどうでしょうか?すべての日で可能な日に〇を記入してください。最大多数の日で設定します。

【7月27日連絡(白井から→穂積氏、山本氏へ)】
穂積亮次様、山本拓哉様

こんばんは、白井です。
 いよいよ公開政策討論会が近づいています。しかし、いつ実現するのかわかりません。既に、僕の出馬宣言から1ヵ月が過ぎようとしています。山本氏からの準備会委員が提案され、やっと公開政策討論会第三者委員会設置の打合せが始まります。せっかく、市民の期待が高まっていますが、打合せで時間がかかり過ぎては、その期待も萎んでしまします。

 それで提案ですが、公開政策討論会までに公開討論会をネット上で行い、各人の主張の違いを明確にしてはどうでしょうか?まずは、方法はお互いが、それぞれに公開質問を行い、それに答えるという形を提案します。公開質問、 それへの回答は各自が自分のブログ上で公開することにすれば、簡単に市民に情報提供ができます。第三者委員会設置までに、繰り返していれば、市民の期待が高まるとともに、争点も明らかになるでしょう。ネット上で明らかにされた争点をベースに、公開政策討論会が始まればより多くの市民により分かりやすくなると考えます。

 各予定候補者への質問は、お互いのブログ等を確認すれば、容易に用意できると考えられます。僕のお二人への最初の公開質問は、以前に公開したものと考えて頂きたいと思います。それを添付します。「市民の中で市政運営をめぐる政策論争をはば広く展開し、有権者が参政権を有効に行使いただけるように努めることは、立候補(予定)者の責務であります」と穂積氏は最初の公開質問状に回答されています。もっともな主張です。この主張の思いに基づき山本氏に、僕と穂積氏が公開政策討論会参加を求める共同提案を行いました。既に、3者がその公開政策討論会への参加を合意しています。

 上記の提案が実現できれば、慎重に時間をかけて、第三者委員会設置を検討して頂いても、設置までの時間を有効に使うことができます。ネット上の討論会は、公開政策討論会をより踏み込んだものにできると考えます。市民の期待に応えるためにも、是非、前向きにご検討下さい 。できるだけ早いご回答をお願いいたします。
※山本氏には、準備会委員の推薦と日程調整について早急な対応を併せてお願いいたします。

【7月28日返信(穂積氏から→白井へ)】
白井倫啓様

貴重なご提案と思います。
一つお尋ねですが、文面からは、各自がネット上のブログやHPなどで質問や回答を展開するものと受け取れますが、その理解で良いですか?
 共通サイトを開いてそこで行う、というのを私は以前提案したことがありましたが、それとは違う方法でしょうか?

穂積亮次

【7月28日返信(白井から→穂積氏へ)】
おはようございます。早速のご返信ありがとうございます。

 お尋ねの件ですが、各自のブログまたはHPで考えています。共通サイトの立ち上げをするとなると、管理者、発信方法などが問題となり、また、調整に時間がかかります。3人それぞれが責任を持って、発信するならすぐ実行できます。あくまでも、メインは公開政策討論会ですので、そのための市民への情報提供と考えて早く始めましょう。問題は、山本氏の対応の遅さです。あなたからも対応の改善を求めて頂ければ幸いです。山本氏のメールアドレスは、昨日のメール宛先から確認できると思います。

【7月28日返信(穂積氏から白井へ)】
白井倫啓様

 来週の日程ですが、私の方は、8月1、2、3(火、水、木)の18時以降であれば、調整可能です。
そのほかは公務等がすでに入っています。私の日程が多分一番不自由と思います。準備会議については、私本人は出席できなくても始めていただいてけっこうです。

そこで皆さん合意できた事項であれば、従います。白井さん、山本さん、3者主要メンバーが合う日時があれば、それを優先してください。

ともかく3者テーブルにつきましょう。

穂積

【7月28日返信(白井から穂積氏へ)】
ありがとうございます。早速確認します。

【7月28日返信(白井から山本氏へ)】
毎日のご奮闘お疲れ様です。添付の調整表(8/1~8/3)に記入いただき早急な返信を頂ければ幸いです。

【7月28日返信(白井から穂積氏、山本氏へ)】
おはようございます。返信をお待ちしているのですが。準備会会議の日程調整ができません。

穂積氏へ
 あなた側の3名の都合をお知らせください。併せて、公開質問状によるネット討論会の可否について返事をお聞かせください。あなたからも、山本氏への対応をお願いします。

山本氏へ
 あなた側の3名を選んでください。その方のお知らせした日程での調整をお願いします。併せて、公開質問状によるネット討論会の可否について返事をお聞かせください。お忙しいことと思いますが、市民の期待に応えるため、最大限の努力をお願いしたいのですが。せめて連絡だけでもこまめにお願いしたいと思います。

7月29日、午前8時現在までのやり取りです。
posted by 地産池消 at 08:17| 愛知 ☁| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

山本氏から返答が届きませんので、次の一手

 今日(7月27日、午後10時33分)も山本氏から返答がありません。せっかく、市民の期待が高まっているのに、それに応えられないことがもどかしく、お二人に下記のメールを送りました。


穂積亮次様、山本拓哉様

こんばんは、白井です。

 いよいよ公開政策討論会が近づいています。しかし、いつ実現するのかわかりません。既に、僕の出馬宣言から1ヵ月が過ぎようとしています。山本氏からの準備会委員が提案され、やっと公開政策討論会第三者委員会設置の打合せが始まります。せっかく、市民の期待が高まっていますが、打合せで時間がかかり過ぎては、その期待も萎んでしまします。

 それで提案ですが、公開政策討論会までに公開討論会をネット上で行い、各人の主張の違いを明確にしてはどうでしょうか?まずは、方法はお互いが、それぞれに公開質問を行い、それに答えるという形を提案します。公開質問、 それへの回答は各自が自分のブログ上で公開することにすれば、簡単に市民に情報提供ができます。第三者委員会設置までに、繰り返していれば、市民の期待が高まるとともに、争点も明らかになるでしょう。ネット上で明らかにされた争点をベースに、公開政策討論会が始まればより多くの市民により分かりやすくなると考えます。

 各予定候補者への質問は、お互いのブログ等を確認すれば、容易に用意できると考えられます。僕のお二人への最初の公開質問は、以前に公開したものと考えて頂きたいと思います。それを添付します。「市民の中で市政運営をめぐる政策論争をはば広く展開し、有権者が参政権を有効に行使いただけるように努めることは、立候補(予定)者の責務であります」と穂積氏は最初の公開質問状に回答されています。もっともな主張です。この主張の思いに基づき山本氏に、僕と穂積氏が公開政策討論会参加を求める共同提案を行いました。既に、3者がその公開政策討論会への参加を合意しています。

 上記の提案が実現できれば、慎重に時間をかけて、第三者委員会設置を検討して頂いても、設置までの時間を有効に使うことができます。ネット上の討論会は、公開政策討論会をより踏み込んだものにできると考えます。市民の期待に応えるためにも、是非、前向きにご検討下さい。できるだけ早いご回答をお願いいたします。

※山本氏には、準備会委員の推薦と日程調整について早急な対応を併せてお願いいたします。


穂積市長への公開質問最終版.pdf

山本拓哉氏への公開質問.pdf
posted by 地産池消 at 22:40| 愛知 ☁| Comment(0) | 2017市長選 | 更新情報をチェックする